DELIFEは日々進化してゆくハイスペックな素材とは相反した「生きた革」を使用することで革特有の経年変化、自身に馴染み「道具」になってゆく感覚を提案する東京発のブランドです。

  • LINE
  • Instagram
​2021/06/10
​DELIFEの革ってどんな物?!

みなさんこんにちは!
DELIFEの革職人の高野です。
今日は
『DELIFEの革ってどんな物?!』について簡潔に綴っていきたいと思います。

①イタリアで作られた高級牛革
DELIFEで使用しているイタリアレザーは名門タンナーで鞣されています。
日本製の革にはない風合いを纏い高級感を感じさせてくれます。
特にDELIFEで使用しているイタリアレザーは何とも言えない淡い色合いをしているのが特徴的です。



②エイジングが凄い!
タンニンで鞣されたレザーはエイジング(経年変化)して色合いが濃くなり深い味わいに変化していきます。
写真は通常時のMinimalwalletですが敷いてある革は1カ月間、日光に当てただけで茶色に変化しています。
ポケットの出し入れなどの擦れや手の脂でもエイジングが進み日に日に愛着が湧いていく革好きには堪らない素材です。




③環境に配慮されたエコレザー
木の樹皮などから抽出されたタンニンで鞣し作られ植物性の為、汚水が発生せず地球に配慮されたエコレザーとも言われています。
また革全体の生産量の10分の1とも言われ非常に希少な革とも言えます。


そんなイタリアレザーを使用したDELIFEのMinimalwalletや



Solidtotebag
自分色に育てて見てはいかがでしょうか。

『DELIFEの革ってどんな物?!』は以上です。
最後まで見ていただきありがとうございました!